Ricolo と Calm

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

かるむのおめめ

  かるむ チェリーアイの切除手術から3ヶ月が経ったので

  文京区内にある 「トライアングル動物眼科診療室」で

  念のために検診してきました。


 P1050538.jpg


   こちらの病院は眼に関する診療が専門なので

   涙量 眼圧 細隙灯顕微鏡検査などを受けた後

   カルムの眼を画像で見ながら

   院長先生から丁寧な説明を受けました。

   涙量は術後3ヶ月くらいが一番少ないそうで

   今後段々に増えてくるとの事です。

   それ以外に 短頭種の犬にとても多い

   「マイボーム腺機能不全」と診断されました。

   マイボーム腺と言うのは瞼の際にいくつも並んでいる小さな穴から

   油分を出して涙を眼球表面に留める役割をしているのですが

   その機能が低下しているそうです。

   油分が足りないと 眼が乾いて炎症を起こしたり傷つきやすくなる

   涙が目の周りに流れてしまうことで周囲の毛がうすくなる

   また涙やけの原因にもなるそうです。

   マイボーム腺の機能を向上させるのに

   朝晩 38℃位に暖めたタオルを

   暫く眼に当ててあげ

   その後 人の手でまばたきを30回くらいさせるのが良いそうです。

   ボストンテリアは眼のトラブルが多い犬種なので

   目薬や軟膏も上手に使って なんとか予防してあげたいと思います。



 P1050550.jpg

   病院の帰りに 

   車で送ってくれた長男坊 (ニューヨーク帰りの時差ぼけ中・・・)と後楽園で昼食
 


 P1050559.jpg

   お寺や学校ばかりの文京区 唯一の都会・・・(?)


 P1050556.jpg

   ラクーアの1F・2FはわんこOKです。

 P1050552.jpg
 



   かるむの可愛いおめめがいつまでも健康でありますように・・・

  二ケ君の可愛いおめめが早くキラキラにもどりますように・・・

 P1050602.jpg


 P1050612.jpg








 


  

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。